睡眠薬の依存症|日常生活ができなくなる睡眠薬のリスクとは

睡眠薬の依存症 | ぐっすり館

 

不眠症に最も効果のある治療法として睡眠薬を飲むという治療法があります。
睡眠薬はその名の通り、眠気を起こし体を眠らせる作用のある薬です。
原因が何であろうと、睡眠薬を飲むことで眠りにつくことが出来ます。

 

不眠症が続く人にとって飲んだら眠れる睡眠薬は魅力的かもしれません。
しかし、睡眠薬の依存症について不安をお持ちの方もいるのではないでしょうか?

 

今回は睡眠薬の依存症について調べてみました。

睡眠薬の依存症とは?

まず初めに、睡眠薬の依存症には2種類の依存があります。
1つは精神的依存、もう一つは身体的依存です。

 

精神的依存

 

飲まないと眠れない、と不安になってしまうため薬を飲んでしまう依存の症状です。
自分自身で眠りにつく努力をせず、薬の力に頼り切って眠る習慣がついてしまうと、「薬がないと眠れない」という精神的依存を引き起こしてしまいます。

 

身体的依存

 

長く睡眠薬を服用し続けると、睡眠薬の成分が体に入ってこないと眠れない体になってしまう身体的依存。
睡眠薬をのまないと禁断症状が起きてしまいます。

 

睡眠薬の主な依存症は身体的依存

 

睡眠薬の依存症として多いのが身体的依存です。
薬を突然やめると離脱症状、禁断症状などといった症状が体に現れます。

 

不眠や不安、イライラなど不快な症状をはじめ、頭痛や吐き気、うつ症状、倦怠感など、体に異常をきたす症状、重くなると意識が混濁したり、幻覚を見てしまったりなどの症状が現れることもあります。

 

これは、睡眠薬を使いすぎた、時間を気にせず使ってしまったなど、用法容量を守っていない場合だけでなく、医師に処方された通りに飲んでも現れる症状です。
処方通り飲んでいても、服用期間が6か月以上になるとこのような離脱症状、禁断症状が現れるようです。

 

睡眠薬依存症にならないために…

睡眠薬を服用している人の中には、不眠症の治療をしている人だけでなく、睡眠薬を辞めることによって起きる離脱症状、禁断症状を抑えるために睡眠薬を飲み続けている人もいます。
辞めたくてもやめられず、さらに深く睡眠薬に依存してしまう、悪循環となります。

 

睡眠薬を気軽に服用しない!

 

睡眠薬は依存性のある薬です。
もちろん、医師に処方してもらう際には詳しい説明や依存性についても話がありますが、”眠れないから睡眠薬”と気軽に考えないことです。

 

また、中には個人輸入代行業者などを利用して、海外で一般販売されている睡眠薬を買って服用する方もいます。
日本と海外では体の作りも、生活習慣も異なります。
日本人用に作られたものではない睡眠薬を勝手に飲んでしまっては、大きな副作用が起きても不思議はありません。
睡眠薬の様に薬を辞めるのが難しい薬ほど、リスクは高くなります。

 

睡眠薬は気軽に飲んでいいものではないということを心に留めておくようにしましょう。

 

睡眠薬に頼らない睡眠習慣を作る!

 

どうしても眠れないから睡眠薬が飲みたい!と思う前に、まずはご自身の睡眠習慣を見直してみましょう。
毎日の睡眠、眠りやすい環境づくりをしていますか?
眠る時間、食事のタイミング、明るい部屋など、睡眠を妨害する生活環境では眠りたくても眠れません。

 

今一度、ご自身の眠りの環境が良いかどうか見直してみてはいかがでしょうか?

 

睡眠薬依存症になってしまったら…?

 

睡眠薬を辞めたい、睡眠薬がやめられない、など、すでに睡眠薬への依存症場が出てしまっている場合には、速やかに医師に相談しましょう。
処方を受けた場合には、その病院へ、個人輸入などで睡眠薬を服用し、依存症に悩んでいる場合には、必ず服用をしたことを伝え、医師に今後の治療方法をききましょう。

 

睡眠薬の依存症は長い期間になればなるほど深刻なものになっていきます。
少しでも異常や異変を感じたときは、速やかに医師の診断を受けましょう。

睡眠薬依存症を避ける為に、まずは睡眠サプリで緩やかな睡眠サポートを!

睡眠薬依存症を避ける為に、まずは睡眠サプリで緩やかな睡眠サポートを! | ぐっすり館

 

睡眠薬を始める前に、睡眠サプリの力を借りるという方法もあります。
睡眠サプリは薬ではなく健康食品です。
睡眠時に必要な栄養が含まれているサプリメントで、穏やかに睡眠の質を高めてくれます。

 

睡眠薬の様に強制的に眠る効果はありませんが、長く続けることで体に優しく、安全に質の高い睡眠を手に入れることが出来ます。

 

 

>>安心して飲める睡眠サプリランキングはこちら!