睡眠サプリと睡眠薬違いとは?効果と副作用を比較!

睡眠サプリと睡眠薬の違い | ぐっすり館 | 睡眠サプリおすすめランキング

 

不眠症で病院にかかると、睡眠薬を処方されます。
睡眠サプリは、不眠症に効果があるとされているサプリメントで、誰でも購入が可能です。

 

どちらも不眠症対策の1つではありますが、この二つの違いは何でしょうか?

 

食品と薬

 

食品と薬 | ぐっすり館 | 睡眠サプリおすすめランキング

 

睡眠サプリと睡眠薬の最も大きな違いは、「食品」と「薬」であるということです。
自然由来である睡眠サプリとは反対に、睡眠薬は睡眠に強く作用するよう、科学的に、人工的に作られたものです。

 

効果が出るまでの速さ

 

睡眠薬は眠れないときに強制的に体を眠らせるよう作られた薬の為、即効性があります。
飲んだらすぐ眠くなって眠れる、飲んで寝ればぐっすり眠れる。
今すぐ効果を感じられるというのは睡眠薬のメリットです。

 

睡眠サプリは食品ですので、良質な睡眠に必要な栄養を毎日続けて摂取することで効果が表れます。
効果に即効性はありません。
ですので、睡眠サプリを飲んだから今日からぐっすり!とはなりません。

 

副作用があるか、ないか

 

副作用があるか、ないか | ぐっすり館 | 睡眠サプリおすすめランキング

 

睡眠サプリと睡眠薬の違いの中でも最も注目してほしいポイントが「副作用」です。

 

睡眠サプリは食品ですので、基本的に副作用はありません。(飲みすぎやアレルギーなどを除いた場合)
しかし、睡眠薬は薬のため、副作用があります。
代表的な副作用としては、倦怠感、めまい、吐き気などがあります。
そしてもっとも怖い副作用が「依存性」です。
服用する期間が長くなればなるほど、睡眠薬を飲まない生活ができなくなってしまうのです。

 

眠れないなら睡眠薬をと気軽に考えている方も多いですが、副作用を考えればできるだけ睡眠薬には頼らない方がいいことがわかります。

睡眠薬を使う前に睡眠サプリを…!

睡眠薬を使う前に睡眠サプリを…! | ぐっすり館 | 睡眠サプリおすすめランキング

 

不眠に悩まされ、どうしてもつらいときには睡眠薬の効果に頼るのも良いでしょう。
不眠が続くと体調にも悪影響を及ぼしますので、どうしても眠れない場合には睡眠薬を飲んででも体を休める必要がでてきます。

 

しかし、上でお伝えした通り、睡眠薬には副作用があります。
簡単に飲み始めてよいものではありません。(もちろん、簡単に処方される薬でもありません。)

 

そこで活躍するのが睡眠サプリです。

 

睡眠サプリは睡眠薬の様に即効性はありませんが、体に優しい成分ですので副作用の心配はありません。
効果が出るまでは時間がかかるものの、良質な睡眠をとれるような体作りをするので、徐々に徐々に眠りを質を高めていってくれます。

 

もちろん、睡眠サプリを飲んだからと言って、必ず眠れるというわけではありません。
眠れない原因を取り除いたり、眠りやすい生活習慣を意識することも大切です。
また、飲み続けなければならないという大変さもあります。

 

ですが、体に優しく健康的に眠りのサポートができるのが睡眠サプリの大きな魅力。
不眠症の悩みを抱えている場合には、まず睡眠サプリで眠りやすい体作りを試してみてはいかがでしょうか?

 

 

>>おすすめ睡眠サプリランキングはこちら!