妊娠初期の不眠|原因と対策|睡眠薬やサプリは妊娠中も飲める?

妊娠初期の不眠|原因と対策|睡眠薬やサプリは妊娠中も飲める? | ぐっすり館

 

妊娠すると眠くなるといわれていますが、妊娠初期に不眠の症状に悩まされるようになる方は意外に多いです。
妊娠初期は赤ちゃんの生育に重要な時期なので、睡眠不足が続くと自分の体だけでなく、お腹の赤ちゃんも心配になります。
かといって睡眠薬やサプリ、漢方などに頼るのも怖いですよね。
ここでは、妊娠初期に起こる不眠の原因とその対策についてご紹介します。

 

妊娠初期の不眠の原因は?

 

妊娠初期の不眠|原因と対策|睡眠薬やサプリは妊娠中も飲める? | ぐっすり館

 

妊娠初期に現れる不眠の症状の原因は何でしょうか?

 

妊娠に対する不安

 

初めての妊娠、流産や死産を経験してからの妊娠など、妊娠に対しての不安が不眠の原因になっている場合があります。
心おだやかに…と言いたいところですが、妊娠に対する不安はそう簡単に拭いきれるものではありません。
妊娠初期だけでなく、出産まで不安は尽きないですよね。
そのため、不安による不眠は出産まで続いてしまうこともあります。

 

高温期による体のほてり

 

妊娠中はホルモンの作用によって体温が高くなります。
そのため体が常にほてった状態になり、体が暑くて眠れなくなってしまうのです。
体がほてってしまっている場合、なかなか寝付けない、という症状が出る場合が多く、眠れないことが更なるストレスになる悪循環になりかねません。

 

利尿作用によって目が覚める

 

トイレに行きたくて目が覚めてしまう…という妊娠初期の不眠の症状があります。
これは、妊娠を継続するために分泌される女性ホルモン「プロゲステロン」には利尿作用があるため、昼夜問わず頻尿になりやすくなってしまい、寝てる間に尿意で目が覚めてしまうのです。
また、妊娠中期〜後期になると、大きくなった子宮が膀胱を圧迫。
更に頻尿になり、不眠だけでなく尿漏れなどの問題が出る場合もあります。

 

つわりによる体調不良

 

妊娠初期〜安定期にかけて多くの人が経験するつわり。
つわりの症状は人それぞれ異なり、全くつわりの症状を感じない人から、入院が必要になるほど重い”妊娠悪阻”になってしまう場合もあります。
つわりの主な症状は吐き気、だるさ、頭痛などはありますが、つわりが重い人ほど、その体調不良から夜眠れなくなってしまうようです。
あまりに重症の場合には担当医師に相談する必要があります。

 

ホルモンバランスの崩れ

 

妊娠をするとホルモンバランスが妊娠していないときと大きく変わり、情緒不安定になったり、気分が落ち込んだりしやすくなります。
その不安な気持ちや心が不眠の原因になってしまう場合もあるのです。

 

妊娠初期でもできる!不眠対策

 

妊娠初期の不眠|原因と対策|睡眠薬やサプリは妊娠中も飲める? | ぐっすり館

 

妊娠中の不眠対策は、妊娠していない時期と比べ慎重に行う必要があります。
では、妊娠初期でもできる不眠対策にはどんなものがあるのでしょうか?

 

眠い時に短時間(15〜30分程度)の睡眠をとる

夜眠らなければならない!という意識は捨て、眠い時に寝るようにしてみましょう。
眠気が来た時の短時間の睡眠は、無理に眠るよりも体がスッキリします。
また、産後は24時間赤ちゃんにつきっきり。昼夜問わず泣いて起こされてしまいます。
”寝れるときに寝る”という方法は産後の体を休める方法としてとても有効なので、是非試してみてください。

 

日中はしっかりと体を動かす

赤ちゃんに何かあったら…と妊娠してから安静にしすぎてはいませんか?
医師から安静の指示が出ていないのであれば、体を動かすことは問題ありません。
妊娠初期は不安定な時期でもあるので無理は禁物ですが、散歩やストレッチなど、簡単な運動をして体を動かすようにしましょう。
適度な疲労が夜の快適な睡眠を促します。

 

リラックスタイムを過ごす

自分の時間をつくり、リラックスタイムを過ごすことも、不眠解消におすすめです。
好きな音楽を聴く、好きな料理を食べる、好きな映画を見る、趣味をする…など、自分がリラックスできる方法を見つけて、できるだけ心穏やかに過ごせるようにしてみましょう。
赤ちゃんが生まれてしまうとなかなか自分の好きなことが出来る時間はとれなくなりますから、そういう意味でも今のうちに楽しんでおくのもよいですよ。

 

朝は毎日同じ時間に起きる(※昼まで寝るなどしない)

生活リズムの乱れは、睡眠リズムの乱れにつながります。
妊娠してから朝どうしても起きれない…という場合でも、医師から安政の指示がない限りは頑張って起きるようにしましょう。
朝起きて、日光を浴びることが大切なので、一度起きて少し活動をしたら、お昼寝はOK!
朝起きる時間、夜眠る時間のリズムを崩さないようにしましょう。

 

朝食をしっかり食べる

朝ごはんを食べることで胃腸が活発に動くようになり、体は覚醒します。そしてしっかりと活動した体は夜眠くなってくれるので、不眠の症状も解消しやすくなるのです。
朝ごはんを食べる習慣がない、という方は非常に多いですが、健康体であっても朝ごはんを食べないことは体にとって負担になります。
ですから妊娠中は赤ちゃんへの栄養はもちろん、母体へのエネルギー補給としても朝ごはんはしっかり食べる必要があります。

 

利尿作用のある食べ物は避ける

上記に記載した通り、妊娠中はどうしても頻尿になりがちに…。
少しでも頻尿を防ぐために、利用作用のある食べ物、飲み物は避けるようにしましょう。
代表的な食べ物、飲み物は、

  • スイカ、メロンなどのウリ科の食べ物
  • キュウリ
  • 白菜
  • アボカド
  • 珈琲
  • 緑茶
  • 紅茶

などです。

 

もちろん、極端に避ける必要はありませんが、量を控えるなどして頻尿を防ぎましょう。
特に飲み物はすぐに尿になるので、注意が必要です。

 

寝る前に体を温めて体温差を作る(※人は体温が下がる時に入眠する)

体温がぐっと下がる時に人は眠くなる仕組みになっているので、入浴でいったん体温を上げ、そこから体温が下がるのを利用して眠りにつくのが不眠症解消におすすめの方法です。
医師から安静の指示がない限り、入浴も今まで通りで構いません。
ただし、妊娠中はのぼせやすくなっているので、38℃程度のぬるめのお湯にし、長時間入らないようにしましょう。
快眠のための入浴は10〜15分程度で十分です。むしろ長湯は体が温まりすぎてしまい逆効果ですので、暑くなる前に出るようにしましょう。

 

妊娠初期の不眠に睡眠薬や睡眠サプリは飲んでもいいの?

 

妊娠初期の不眠|原因と対策|睡眠薬やサプリは妊娠中も飲める? | ぐっすり館

 

妊娠初期に不眠が続き、体力気力共に低下してしまった場合、睡眠薬を使ってでも寝たい…!と思うかもしれません。
妊娠中の睡眠薬や睡眠サプリは利用してもよいのでしょうか?

 

妊娠初期の睡眠薬はNG!

 

最近の睡眠薬は副作用が少ないといわれていますが、妊娠中の妊婦さんは睡眠薬を原則服用してはいけません。
特に妊娠初期は赤ちゃんの大切な臓器が作られる期間なので、特に慎重にならなけれればならないのです。

 

睡眠薬服用中に妊娠がわかったらすぐに医師に相談!

 

妊娠4〜12週は、赤ちゃんの生命にかかわる大切な臓器や骨が生成される時期ですので、睡眠薬の影響がでやすい時期ともいえます。
そのため、すでに睡眠薬を服用しており、妊娠に気づいた場合にはすぐに医師に相談しましょう。
可能なら断薬を、難しい場合は副作用の少ない薬に替える、量を減らすなどして赤ちゃんへの影響を最小限にする必要があります。
ただし、急な断薬はご自身の体への負担になる場合もありますので、妊娠が分かったからと勝手にやめるのではなく、まずかかりつけ医に相談するようにしましょう。

 

妊娠初期の睡眠サプリはOKな場合も!

 

妊娠初期でも、睡眠サプリは飲める場合があります。
睡眠サプリはもともと健康補助食品、つまり、薬ではなく食べ物なので、妊娠中でも安心して飲むことが出来るのです。
睡眠不足が気になる場合は、睡眠サプリを活用してみるのもいいかもしれませんね。
ただし、配合されているハーブの種類によっては、妊娠中にはおすすめできないものもあるので、成分をよく調べて妊娠初期に飲んでも大丈夫な睡眠サプリか、注意深く確認する必要があります。

 

妊娠初期にも飲める睡眠サプリ紹介

 

妊娠初期でも安心してお飲みいただける睡眠サプリのご紹介です。

 

北の大地の夢しずく

 

妊娠初期の不眠|原因と対策|睡眠薬やサプリは妊娠中も飲める? | ぐっすり館

 

北の大地の夢しずくは、妊娠中はもちろん、授乳中もそしてお子様も飲むことが出来る睡眠サプリドリンクです。
スッキリとしたグレープフルーツ味でつわり中でなかなか食べ物、飲み物を口にできないときときにも飲みやすくなっています。
また、北の大地の夢しずくでは、購入前、購入後どちらでも健康管理士、専任アドバイザーによるカイテキ生活サポートが受けられるため、不眠に対して不安やお悩みをお持ちの方におすすめです。

 

 

北の大地の夢しずくの詳細はこちら!

 

 

マインドガードDX

 

妊娠初期の不眠|原因と対策|睡眠薬やサプリは妊娠中も飲める? | ぐっすり館

 

睡眠サプリでは珍しい液体タイプのマインドガードDX。
こちらも妊娠中にも安心してお飲みいただける睡眠サプリドリンクです。
幸せホルモンの材料となるトリプトファンを摂取できるので、不安の多い妊娠中にはおすすめです。
また、美容にもよいとされるノニも配合されておりますので、妊娠中の美容、健康の為に飲んでいる方も多いようです。
ただし、妊娠中は1日1杯が目安と記載がありますので1日1杯を守るようにしましょう。

 

 

マインドガードDXの詳細はこちら!

 

 

妊娠初期の不眠は「眠い時に寝る」でしっかり休息!

 

妊娠初期の不眠|原因と対策|睡眠薬やサプリは妊娠中も飲める? | ぐっすり館

 

いかがでしたか?

 

妊娠初期の不眠は、誰もが経験する症状のひとつ。
眠れない…赤ちゃんに何かあったらどうしよう…と心配する前に、まずはできることから対策をしてみましょう!

 

生活リズムや食事、眠い時に寝るなどは比較的簡単に取り組めるのではないでしょうか?
また、妊娠中も飲める睡眠サプリを活用して、妊娠中も快適な睡眠をサポートするのもよいですね。

 

ここで紹介した対策法を試し、すこやかで快適な睡眠時間を手に入れましょう♪