眠いのに寝れない時の対処法

眠いのに寝れない時の対処法 | ぐっすり館

 

眠いのに寝れない、という経験をしたことがある人はおおいのではないでしょうか?

  • 明日も仕事なのに…
  • もうこんな時間…
  • 早く寝ないと…

そう思えば思うほど寝れなくなって、辛い思いをしますよね。

 

今回はそんな「眠いのに寝れない」「睡眠不足が続いている」など、不眠症の症状が現れているときの対処法をご紹介します。

 

眠いのに寝れない!9つの対処法

眠れる環境を作る

 

眠いのに寝れない!6つの対処法 | ぐっすり館

 

部屋の電気を付けて布団に入っていませんか?
体内時計を整えるホルモンであるメラトニン(別名:睡眠ホルモン)は、明るいときに分泌が少なくなり、暗いときに多く分泌されます。
寝る時に電気を付けたままにすると目からの光の刺激によってメラトニンの分泌量が少なくなり、睡眠リズムが崩れる原因となってしまいます。

 

また、寝る場所をいつも決めておくのも大切です。
ソファで寝たり、居間で寝たり、書斎で寝たり…などいつも寝る場所が違うと、体に眠る環境の認識を植えることが出来ません。
”寝室の布団に入ったらねる”ということを脳に植え付け、習慣づけることで、眠りやすくなります。

 

自分に合った寝具を使う

 

寝具はあなたの身体に合ったものを使っていますか?
マットの硬さ、枕の高さ、素材など、自分の体に合った寝具を使うことで、睡眠の質はぐっと上がります。

 

特にオーダーメイド枕はおすすめです。
頭、首、肩への負担が軽減され、眠りの質の向上だけでなく、肩こり、頭痛などの改善にもつながります。
少しお値段は張りますが、1度買えば10年使える枕もあるので、是非お試ししてください。

 

腹式呼吸をする

 

呼吸法を意識することも眠いのに寝れないときの対策としておすすめです。

 

人間は起きているときは肺呼吸、寝ているときに腹式呼吸をしています。
腹式呼吸には体をリラックスさせる副交感神経を優位にしてくれる効果もあるので、寝る直前に腹式呼吸をしてみましょう。

 

【腹式呼吸のやり方】

  1. 鼻からゆっくり息を吸いお腹を膨らませます。
  2. 口からゆっくり息を吐きます。

 

呼吸を整えることで体をリラックスさせるだけでなく、気持ちも落ち着かせてくれるので眠りやすくなります。

 

冷たい飲み物を飲む

 

眠いのに寝れない!6つの対処法 | ぐっすり館

 

眠いときは体がポカポカしていますよね。
体が温かくて眠りやすいように感じますが、実は、このポカポカした体が冷え、体の深部の温度が下がることで人間は眠りにつきます。
なので、体温が高いままでは眠いのに寝ればい状況が続いてしまいやすくなるのです。

 

そこで、冷たい飲み物をコップ1杯ほど飲むと、体温が下がり眠りやすくなります。
体が熱くて眠れない、という場合にも効果的です。

 

ストレッチで体を緩める

 

体が緊張状態だと、中々眠れません。軽い運動をすることで、その体の緊張をほぐすことができます。
おすすめは、ゆっくり体の筋肉を伸ばすことのできるストレッチです。

 

また、寝る前に睡眠に効くツボを押すのも効果的です。

 

おすすめストレッチ

 

 

 

スマホ・テレビは見ない

 

眠いのに寝れない!6つの対処法 | ぐっすり館

 

液晶画面の光は、脳を活性化させていまいます。
そのため、眠くなるまでテレビを見よう…スマホでゲームしてよう…なんてことをしてしまうと、体は疲れて眠いのに、脳が起きてしまって眠れなくなってしまいます。

 

テレビやスマホ、パソコンでの仕事を寝る直前までやっている方は、睡眠障害が起きやすくなってしまいます。
寝る前のテレビ、スマホは一切禁止して、脳をお休みモードにしてあげましょう。

 

また、スマホやテレビを消して「寝るぞ!」っと気持ちを切り替えることも、眠りやすくなるポイントの一つです。
気持ちの切り替えという意味でも、寝る前のテレビ、スマホは我慢しましょう。

 

眠りを誘う音楽を聴く

 

人間が眠っているときは、α派やθ派と呼ばれる電流が脳に流れています。
α派はうとうとしているとき、θ派は熟睡状態にあるときに流れます。

 

入眠音楽はα派やθ派と同じ周波数になっており、その音楽をきくことで脳もつられて同じ周波数になります。
脳波をα派やθ派に近づけることで心地よい眠りに誘ってくれるのです。

 

 

 

ストレスを緩和する

 

ストレスは良質な睡眠の敵です。
日々たまっていくストレスを解消するのは簡単な事ではありませんが、心を落ち着かせ穏やかにするためにもストレスを緩和できるような対策をしましょう!

 

おすすめはラフマ葉エキスです。
睡眠サプリにもよく配合されているラフマ葉エキスは、幸福ホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌をサポートしてくれます。
ストレスを感じているときはセロトニンが減少しやすく、不安感も強くなり余計にイライラするという悪循環になるので、ラフマ葉エキスのサポートでセロトニンの分泌を増やしてあげることがストレス緩和につながります。

 

また、セロトニンは体内時計をつかさどるメラトニンの材料でもあります。
セロトニンを増やすことで、狂った体内リズムを整えることもできるので一石二鳥!

 

ストレスによる不眠が疑われる場合には、是非、ラフマ葉エキスを摂取してみてください。

 

生活習慣を見直す

 

寝る直前に食事をとっている、毎日寝る時間が違うなど、不規則な生活習慣になっていませんか?
そんな乱れた就活習慣が眠いのに寝れない原因になっている可能性があります。

 

お仕事や育児で生活習慣を整えるのは難しいかもしれませんが、できるだけ同じ時間に、そして身体に負担のない時間に起床、就寝、食事ができるよう心がけてみましょう。

眠いのに寝れないときの対処法で快適な睡眠を!

眠いのに寝れないときの対処法で快適な睡眠を! | ぐっすり館

 

いかがでしたでしょうか?
どうしても眠いのに寝れないときは、ご紹介した方法を是非試してみてください。

 

良質な睡眠は、次の日の活力にもつながります。
毎日の睡眠の質を高めることで、生活も充実していきます。

 

もし、どうしても眠れない日が続いてしまう場合には、睡眠サプリを使った睡眠サポートも有効です。
当サイトではおすすめの睡眠サプリも紹介していますので、ぜひ参考になさってくださいね!

 

 

>>おすすめ睡眠サプリをみてみる!