暑い夏も快眠!寝苦しい夜でもぐっすり眠れる方法

暑い夏も快眠!寝苦しい夜でもぐっすり眠れる方法 | ぐっすり館

 

暑い夏。
日本の夏はベタベタと湿度が高い熱帯夜が多く、不快な暑さに悩まされますよね。
特に夜は寝苦しさを感じる方も多いのではないでしょうか?
また、暑いからとエアコンを使うけど、体調が悪くなってしまう…というお悩みをお持ちの方も多いようです。
そこで、暑い夏でも快眠できる方法をご紹介いたします。

 

暑い夏の夜でも快眠できる方法

 

暑い夏も快眠!寝苦しい夜でもぐっすり眠れる方法 | ぐっすり館

 

暑い夏の夜を快適に眠るためには、体を程よく冷やすことが重要です。
おすすめの体を冷やす方法についてご紹介します。

 

水枕、氷枕

人間の体は、頭と足元の温度のさが4℃あると快適に眠ることが出来るという研究結果があるそうです。
どうしても暑い夏は、お腹だけに布団やタオルケットをかけて寝てしまいますが、これでは頭と足が同じ温度になり、寝られないという状態になってしまうのです。

 

そこで、水枕や氷枕を使って頭を冷やしてみましょう。
この時、首まで冷やさないように注意。
首が冷えてしまうと自律神経が休息状態になってくれなくなってしまいますので、”頭だけ”を冷やすようにしましょう。

 

また、出来れば首から足まではしかkりとタオルケット等をかけて寝ましょう。
頭を冷やしているとそこまで暑いと感じることはありません。

 

扇風機

 

扇風機はエアコンのように冷やす効果はありませんが、風がおきることで部屋の空気を循環させ、寝るには十分な快適な環境を作り出してくれます。
エアコンは苦手、という人は特に扇風機を活用しましょう。

 

ただし、暑いからと言って扇風機の風が体に直接あたるようにしてしまうのは危険です。
体の温度が下がりすぎてしまい、体調を崩す原因ともなってしまいます。
扇風機は天井に向かうよう設置するなどして、風が直接体に当たらないようにしましょう。

 

ぬるめの入浴

 

夏になると入浴はせず、シャワーだけで済ませてしまっているという方も多いですよね。
実はこのシャワーだけの習慣が不眠の原因となってしまっている場合もあります。

 

人間は体の体温が下がる時に眠くなるのですが、シャワーだけだと体は温まらず、体温降下の差も小さくなってしまいます。
そこで、38℃くらいのぬるめのお湯でよいので、入浴をして体温を上げましょう。
こうすることで、入浴後に体温が下がり、体を睡眠モードにしてくれます。

 

冷感寝具

 

最近では接触冷感の機能のついたタオルケットやシーツ、枕カバーなどが販売されています。
暑い夜、寝入る時には気持ちの良い冷たさです。ひやっと冷たく感じますが、体が冷えてしまうことはありません。

 

夏は寝具を接触冷感のものにかえて、眠りやすい環境にしてみましょう。

 

快眠妨害!?体調を崩さない夏のエアコン活用法

 

暑い夏も快眠!寝苦しい夜でもぐっすり眠れる方法 | ぐっすり館

 

エアコンをつけて寝ると体調が崩れる理由

 

エアコンを付けて寝ると体調を崩してしまう…という方は多いのではないでしょうか?
その理由の一つとして、クーラー病とも呼ばれる自律神経の乱れがあります。
長時間エアコンを使っていると、体温調節の機能が低下し、ほてってしまったり、汗をかかなくなったりなどの症状が見られます。
冷房症ともよばれ、エアコンが当たり前の現代では多く見られる症状です。

 

かといってエアコンをつけないで寝るのは暑くて出来ないですし、タイマーで切れるようにすると、夜中に暑くて目が覚めてしまいますよね。
そこで、エアコンを付けていても快眠できるコツをご紹介します!

 

エアコンを付けていても快眠できるコツ

 

寝室を十分に冷やしておく

 

寝るときのエアコンの理想的な設定温度は28℃。
エアコンの種類にもよりますが、28℃では暑い!という方も多いのではないでしょうか?
しかし、これ以上低い温度で寝るのは、体によくありません。

 

そこで、寝る直前まで設定温度を下げ、部屋を十分に冷やし、寝る時に28度の温度設定しましょう!
入眠時は涼しく、夜中寒くならなりません。

 

扇風機を使う

 

扇風機は部屋の空気を循環させ、28℃の温度設定でも十分な涼しさを感じることが出来ます。
扇風機の風は天井や壁に当てて、広い範囲に分散するようにするのがポイントです。

 

湿度を下げる

 

同じ室温でも、湿度が高いと体感温度は高く、湿度が低いと体感温度も低く感じます。
日本の夏は特に湿度が高く、じっとりとした暑さなので眠りにくい環境と言えます。

 

エアコンの温度を28℃に設定するだけでなく、湿度を40〜50%くらいに設定することで、十分涼しく眠ることが出来ます。

 

がまんしすぎはNG!夏の夜の熱中症に注意

 

暑い夏も快眠!寝苦しい夜でもぐっすり眠れる方法 | ぐっすり館

 

夜でも熱中症になる!?

 

熱中症と聞くと、暑い日差しの出る昼間になるイメージが多いと思いますが、実は夜寝ている間にも起こり得るんです。
睡眠中は水分補給をしない上に、寝ているときは汗をかきます。
特に暑い夏の夜には500mlもの汗をかくといわれており、寝ている間に熱中症になってしまう場合があるのです。

 

熱中症の怖さとは?

 

夜の熱中症で死亡した人もいます。
屋内で熱中症を発症し死亡した方の中の3割は睡眠中に亡くなっているというデータもあります。
たかが熱中症、されど熱中症。熱中症を侮ってはいけません。

 

簡単にできる夜の熱中症対策

 

寝る前の水分補給

寝る前にコップ一杯の水を飲むようにしましょう。深部体温を下げ、寝つきやすくしてくれます。
熱中症は水分だけでなくミネラル不足も原因になるので、水道水よりもミネラルウォーターや麦茶などがおすすめです。

 

室温を快適に

室温が高い、湿度が高い状態は熱中症を引き起こしやすくなります。
エアコンや扇風機を上手に活用して、室温28℃、資うつ℃50%を目安に、熱中症にならない環境づくりを心がけましょう。

 

自分に合った暑さ対策で夏でも快眠!

 

暑い夏も快眠!寝苦しい夜でもぐっすり眠れる方法 | ぐっすり館

 

いかがでしたか?
暑くて眠れないつらい夜が続くと、寝不足になり、ただでさえ体力低下をしやすい時期にさらに体調を悪化させてしまいます。
エアコンを使うと体調が崩れるから、と暑い部屋で寝ているのも熱中症の心配があります。

 

ここで紹介したエアコンや扇風機の使い方、体を冷やすグッズや生活習慣などを活用して、暑い夏の夜を乗り越えましょう!

 

 

>>睡眠サプリで寝苦しい夏の夜も克服!