睡眠サプリで不眠症は治る?つらい不眠症にお悩みの方へ

  • 寝つきが悪い
  • すぐ目が覚めてしまう
  • 寝ても疲れが残ってしまう

 

など、不眠には様々な症状があります。
そんな辛い不眠の症状を睡眠サプリで治したい!と考えている方も多いのではないでしょうか?

 

不眠症の治療方法として病院にかかって睡眠薬や睡眠導入剤、精神安定剤等を処方してもらうこともできますが、依存症や副作用が起きる可能性などを考慮すると、不安もあるのではないでしょうか?

 

そこで注目すべき、誰でも購入ができる睡眠サプリ!
でも、誰でも買えるような睡眠サプリで不眠症を治すことはできるのでしょうか?

睡眠サプリで不眠症を治すことはできない!

睡眠サプリで不眠症を治すことはできない!

 

まず最初に忘れてはいけないのは、睡眠サプリは薬ではなく”栄養補助食品”ということです。
つまり、ビタミンサプリや鉄分サプリの様に、足りない栄養を補助するもの。
もっと簡単に言えば必要な栄養が含まれている食べ物にすぎません。

 

結論として、睡眠サプリで不眠症を治すことはできません。
睡眠サプリは不眠症の治療法でもなく、治療薬でもないのです。

睡眠サプリは不眠症の人が飲んでも意味がないの?

睡眠サプリはあくまで良質な睡眠をサポートする存在。
それなら睡眠サプリを不眠症の人が飲んでも意味がないのでしょうか?

 

もちろん、睡眠サプリに全く意味がないというわけではありません!

 

睡眠サプリには眠りに必要な成分がたっぷり!

 

人間の脳は眠りにつくために様々なホルモンを分泌します。
また、体内にある栄養素から眠りやすい環境を作り出しています。

 

しかし、不眠症となってしまっている人は、ホルモンの分泌や睡眠に必要な栄養素が不足していることが、不眠の原因にになっている場合が多いです。

 

そこで、睡眠サプリによって必要な栄養素(ハーブ抽出成分やアミノ酸)を補給し、眠りやすい体つくりをします。

 

例えばトリプトファンが配合されている睡眠サプリを摂取すると、

 

体内のトリプトファンが増える

トリプトファンから作られるセロトニンが増える

睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンが増える

 

=体内時計を整え睡眠のリズムを整える

 

というような効果が得られます。
間接的に体内時計(睡眠リズム)を整えるメラトニンを増やすことができるので、昼夜逆転してしまっている、夜になってもなかなか眠くならないなどの不眠症の方には症状の改善がみられる場合があります。

 

睡眠サプリにはトリプトファンの他にも様々な成分が配合されています。
それぞれの成分に良質な睡眠をサポートする異なる効果があり、症状にあった成分を補給することで不眠症の症状を軽減し、きちんと体を休息させることが可能になるのです。

睡眠サプリと併せて眠りやすい生活習慣を!

睡眠というのは人間の三大欲求のひとつです。
そんな人間にとって大切な睡眠が欠けてしまうと、イライラしたり体調を崩したり、大きなストレスとなってしまいます。
毎日の睡眠をより良くするためにも睡眠サプリで良質な睡眠のサポートをすることは、不眠によるストレスを軽減し生活の質も高めてくれます。

 

しかし、睡眠サプリは冒頭でもお伝えした通り、不眠症に対する万能薬ではありません。
睡眠サプリの力だけに頼っていては、本当に質の良い睡眠は得られません。

 

あなたの生活習慣・行動は大丈夫?

 

あなたは良い睡眠をとるための生活習慣を心がけていますか?
睡眠サプリを飲めばよい睡眠がとれる!と思っているならばそれは間違いです。

 

睡眠サプリはあくまでサポート役。
まずは基本的な生活習慣を見直し、良質な睡眠を妨げる要因があれば取り除く必要があります。

 

それでは、睡眠サプリ以外で今日からできる、不眠症対策をご紹介します。

 

寝る前にテレビやスマホの光を見ない

 

寝る前にテレビやスマホの光を見ない | ぐっすり館 | 睡眠サプリおすすめランキング

 

テレビやスマートフォンの液晶画面の光は、交感神経を刺激して目を覚ましてしまいます。
LINEがきた!寝る前にはゲームしたい!という気持ちはよくわかりますが、体が覚醒状態になってしまっては質の良い休息もできませんので、寝る1時間前位からは画面を見ないようにして、お布団に入る時は部屋真っ暗にして、目からの刺激を遮断するようにしましょう。

 

食事は寝る2〜3時間前までに済ます

 

食事は寝る2時間前までに済ます | ぐっすり館 | 睡眠サプリおすすめランキング

 

食事をしてから2〜3時間は胃が活発に動いているので、体が眠る体勢になかなか入れません。
寝られらとしても活動的な体のせいで夜中に目が覚めてしまう中途覚醒などの不眠の症状が現れる可能性があります。

 

また、食事をしてすぐの睡眠は胃や調にも負担をかけますので、遅くとも寝る2時間前には食事を済ませるようにしましょう。

 

お風呂は寝る1時間前までに、温まりすぎないように注意!

 

お風呂は寝る1時間前までに、温まりすぎないように注意! | ぐっすり館 | 睡眠サプリおすすめランキング

 

人間は眠る前に体温が上がり、そこから体温が下がることで眠りの体勢に入ります。
お風呂に入ってすぐは体が温まっているのでなかなか体温が下がらず眠りにくくなってしまいます。
お風呂は眠る1時間前までには済ませ、体温が下がる様に温まりすぎにも注意しましょう。

 

昼寝は短く、夕方以降はNG!

 

昼寝は短く、夕方以降はNG! | ぐっすり館 | 睡眠サプリおすすめランキング

 

お昼寝って幸せですよね!眠くてどうしようもないときの仮眠は体と頭をスッキリさせるのにとても有効ですが、あまり長く寝てしまうと夜の睡眠に影響が出てしまいます。
お昼寝は長くても1時間、できれば15〜30分くらいが望ましいです。
また、夕方以降は寝てしまうと夜寝られなくなってしまうので避けましょう。
昼寝の前にコーヒーやカフェインなど、目の覚める作用のある飲み物を飲んでおくとスッキリ目覚めやすくなります。

睡眠サプリのサポート力を生かして良い睡眠を!

睡眠サプリのサポート力を生かして良い睡眠を! | ぐっすり館 | 睡眠サプリおすすめランキング

 

睡眠サプリで不眠症を治すことはできませんが、睡眠の質を高めたり、眠りやすい体作りのサポートをすることはできます。
また、生活習慣、行動の見直し、適度な運動によっても不眠症対策をすることができます。

 

眠りやすい生活習慣と優しく安眠に導いてくれる睡眠サプリのサポート力で、体に良い心地いい睡眠の時間と質の高い快眠の毎日を手に入れましょう!

 

 

>>睡眠サプリおすすめランキングはこちら!