睡眠サプリに副作用はある?体に危ない睡眠サプリがある!?

強制的に体を眠らせる睡眠薬には、副作用があります。体がだるくなったり、めまいがしたり、気持ち悪くなったりと症状は様々です。

 

ですが、そういった体の変化よりも怖いのが、睡眠薬への依存です。
初めはよく眠れて快適だった睡眠薬の服用も、長期間服用することで睡眠薬なしでは眠れなくなるようになってしまいます。
それだけでなく、断薬によって不安やイライラ、頭痛など離脱症状が現れる場合もあります。意識混濁や幻覚など、決して軽いとは言えない離脱症状が現れることもあるのです。
「眠れなくなったら睡眠薬を処方してもらおう」と安易に考えている場合は要注意です。

 

睡眠サプリには副作用なし!

 

睡眠サプリに副作用はあるの? | ぐっすり館

 

軽視できない副作用や依存のある睡眠薬と異なり、睡眠サプリには副作用がありません。
それは、睡眠サプリが「薬」ではなく「食品」だからです。

 

食品を食べて副作用があるとすれば、食物アレルギーがある場合です。
アレルギーのある食品や成分が含まれている睡眠サプリを飲めば、当然アレルギー反応がおきます。
もちろんこれは副作用ではなくアレルギー症状ですが、食物アレルギーをお持ちの方は購入前に成分をしっかりと確認する必要があるでしょう。

 

過剰摂取で副作用が出る!?

過剰摂取で副作用が出る!? | ぐっすり館

 

睡眠サプリは食品なので、副作用は基本的にありませんが、過剰摂取した場合には副作用が現れる場合があります。

 

グリシン お腹が下る、胃や腸の痛みや不調
トリプトファン 肝臓機能の低下
メラトニン 集中力の低下、だるさ

 

過剰摂取によって体に影響があるのは睡眠サプリだから、というわけではありません。
美肌に良いといわれる柑橘類(みかんなど)を食べ過ぎれば下痢になったり、健康に良いとされるアーモンドも食べ過ぎれば吹き出物が出るなどの副作用が出ることもあります。
なんでも適量が一番!睡眠サプリも1日の摂取量を守ってくださいね。

睡眠サプリは副作用なし!容量を守って快適な睡眠を!

睡眠サプリは容量を守って快適な睡眠を! | ぐっすり館

 

睡眠サプリには副作用はありませんが、かといって飲みすぎはいけません。
配合されている成分や飲む量、飲むタイミングなどを十分注意しながら飲む必要があります。

 

ですが、自分に合った睡眠サプリを選び、毎日続けることで、睡眠の質を高めることが可能になるサプリです。
用法容量を守り、快適な睡眠を手に入れてくださいね!

 

 

>>睡眠サプリランキングに戻る!