カフェインが不眠症の原因に?脱カフェイン生活で睡眠障害を解消!

カフェインが不眠症の原因に?脱カフェイン生活で睡眠障害を解消!

 

カフェインを摂取すると眠くなくなる…というのは、ご存知の方も多いのではないでしょうか?
眠気を飛ばすときにコーヒーなど、カフェインの入っている飲み物を飲むという方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、常日頃からカフェインを飲むことが不眠症の原因になることもあります。
中々眠れない、眠りが浅い…そんな不眠症の症状はもしかしたらカフェインが原因かもしれません!

 

なぜカフェインが不眠症の原因になるの?

 

カフェインが不眠症の原因に?脱カフェイン生活で睡眠障害を解消!

 

まず、カフェインがどうして眠気を飛ばしてくれるのか…?
その理由は、カフェインの成分が血液中のアドレナリンを増やし、体と神経を興奮状態にして、脳と体をたたき起こしているからです。
脳と体が興奮状態になる…カフェインを摂取すると眠れないというのは当然ですね。

 

また、カフェインの成分には脳を眠らせる作用のあるアデノシンという物質の分泌を抑制するため、脳が眠れず、不眠症へとつながってしまうのです。
アデノシンの分泌が少なくなると、脳が深い眠りにつくことが出来ず、寝付けないという症状だけではなく、眠りが浅い、何度も目が覚めてしまう(中途覚醒)という症状も引き起こしてしまいます。
カフェインは、入眠にも睡眠の質にも悪い影響を及ぼしてしまうのです。

 

カフェインは最大14時間効き続ける!?

 

カフェインが不眠症の原因に?脱カフェイン生活で睡眠障害を解消!

 

カフェインの覚醒効果は飲んでから30分後に発揮され、4〜6時間持続するといわれています。
しかし、中には8〜14時間、覚醒効果が持続する体質の方もいるようです。
14時間も効いてしまうとなると、珈琲なんて飲めませんね(笑)

 

平均的な4〜6時間、効果が持続すると考えるのならば、夕方以降にカフェインを摂取してしまうと、夜の睡眠に影響が出てしまう可能性が大きくなります。
寝る時間にもよりますが、22時に寝るのであれば、コーヒーなどのカフェインを含む飲み物は15時〜17時までにとどめておくことをおすすめします。

 

カフェインには副作用がある!?

 

カフェインの摂取による副作用が現れている方にもおすすめです。

  • 胃が弱っている
  • 自律神経が乱れている
  • 疲労回復力が低下している
  • 代謝が落ちている
  • 疲れを感じなくなっている(気が付かない)

これらの症状がある方はカフェインによる副作用かもしれません。

 

身近な飲み物のカフェイン含有量

 

カフェインが不眠症の原因に?脱カフェイン生活で睡眠障害を解消!

 

カフェインを含む飲み物と言えば、コーヒーを真っ先に思い浮かべるのではないでしょうか?
しかし、カフェインを含む飲み物はコーヒーだけではありません。お茶や紅茶、エナジードリンクにも含まれているんです!
そこで、よく見かける(よく飲まれている)各メーカーの飲料のカフェイン含有量を調べてみました!
意外な飲み物にもカフェインは含まれていますので、是非チェックしてくださいね。

 

商品 カフェイン量(1本当たり)
ボス レインボーマウンテンブレンド(185g) 111mg
サントリー烏龍茶(500ml) 100mg
サントリー緑茶 伊右衛門(500ml) 50mg
ペプシストロング(500ml) 95mg
レッドブル(185ml) 80mg
挽きたて微糖(185g) 107mg
挽きたて微糖(185g) 107mg
午後の紅茶 ミルクティー(500ml) 95mg
コカ・コーラ(500ml) 40mg

 

コーヒーの過剰摂取は危険!?カフェインは1日250mgまで!

 

カフェインが不眠症の原因に?脱カフェイン生活で睡眠障害を解消!

 

睡眠に影響の出ない、1日のカフェインの摂取量は250mgと言われています。
缶コーヒーであればたった2本で220mg。3本飲んだら250mgを超えてしまいます。
缶コーヒーはサイズも小さいので、1日に何本も飲むという方も少なくないですよね。
カフェインを含む飲み物は朝1杯(1本)にして、そのあとはノンカフェインの飲みのをおすすめします。

 

不眠症解消のための脱カフェイン生活とは?方法とメリット

 

カフェインが不眠症の原因に?脱カフェイン生活で睡眠障害を解消!

 

カフェインには依存性があるということをご存知でしたが?
カフェイン中毒とも呼ばれ、カフェインを摂取しないと落ち着かない、集中力が低下する、頭痛がする、などの離脱症状も現れます。
毒性は低いものの、摂取のしやすさ、そして摂取したときの爽快感、スッキリ感から、常日頃飲んでいる人も多く、知らず知らずのうちにカフェイン中毒になっている場合もあるのです。

 

日常生活に常にカフェインがあるようになると、体にカフェインが蓄積するようになり、睡眠に悪影響を及ぼしてしまいます。
不眠症でお悩みの方の中にはこの記事を読んで、「毎日何杯もコーヒー飲んじゃってるよ…」と思ってる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そこでおすすめしたいのが脱カフェイン生活です。

 

脱カフェイン生活のメリット

 

カフェインが不眠症の原因に?脱カフェイン生活で睡眠障害を解消!

 

  • コーヒー(カフェイン)の有無による気分の上下がなくなる
  • カフェインによる不眠の症状の緩和
  • 頭痛がなくなる
  • トイレの回数が少なくなる

 

コーヒーを飲まないと一日が始まらない、コーヒーを飲まないとやる気が出ない、そんなあなたはカフェイン中毒に違いありません。
しかし、コーヒーが飲めないと気分が上がらない…体が動かない…そんな体では困りませんか?
カフェインに左右されない生活を送れるのが、脱カフェイン生活の最大のメリットです。

 

脱カフェイン生活のやり方とは?

 

カフェインが不眠症の原因に?脱カフェイン生活で睡眠障害を解消!

 

コーヒー大好き!な方には辛く聞こえる”脱カフェイン生活”。
そのやり方はとっても簡単!

 

”カフェインの入った飲み物を飲まない”

 

たったこれだけです。

 

カフェインレス・ノンカフェインコーヒーを持ち歩こう!

 

カフェインが不眠症の原因に?脱カフェイン生活で睡眠障害を解消!

 

最近流行りのカフェインレス、ノンカフェインのコーヒーですが、さすがにいつでもどこでも売っている、というわけではありません。
コンビニや自動販売機で売っているコーヒーはほとんど普通のカフェインを含んだコーヒーです。

 

そこで、カフェインレスやノンカフェインのコーヒーを買って、お気に入りのマイボトルに入れて持ち歩くようにしましょう♪
これでいつでもどこでも、カフェインの入っていないコーヒーを飲むことが出来ます。

 

もちろん、缶コーヒーなどを買って飲むより安上がりなのでお財布にも優しいですよ!

 

最近はスーパーでもノンカフェイン、カフェインレスのインスタントが販売されていますので、是非探してみてください!
また、妊娠中、授乳中のママ向けのコーヒーなら、ノンカフェインなので脱カフェイン生活にもおすすめです!

 

\おすすめノンカフェインコーヒー/

たんぽぽコーヒー

 

脱カフェイン生活の注意点

 

カフェイン入りの飲み物に注意!

 

カフェインが不眠症の原因に?脱カフェイン生活で睡眠障害を解消!

 

ノンカフェインコーヒーにしたからOK!と思っても、上記の表にもある通り、緑茶や紅茶、エナジードリンクにもカフェインは含まれているので注意が必要です。

 

脱カフェイン生活をするのであれば、ノンカフェイン、カフェインレスコーヒー以外の飲み物は、

  • ミネラルウォーター
  • 炭酸水
  • 麦茶
  • 黒豆茶
  • ルイボスティー

など、カフェインの全く入っていない飲み物にしましょう!

 

カフェインの離脱症状に注意!

 

カフェインが不眠症の原因に?脱カフェイン生活で睡眠障害を解消!

 

カフェインを摂取するのを辞めることで、離脱症状が現れることがあります。
最も多い症状は頭痛。コーヒーを飲むと頭痛も落ち着くから…と脱カフェイン生活を断念してしまう方も少なくありません。

 

しかし、脱カフェイン生活を1〜2週間も続ければ離脱症状は治まります。
是非とも、離脱症状を耐え抜いて、脱カフェイン生活を成功させてください!

 

カフェインを飲むなら…○○前!

 

カフェインが不眠症の原因に?脱カフェイン生活で睡眠障害を解消!

 

さて、脱カフェイン生活についてお伝えしてきましたが、カフェインは悪い事ばかりではありません。
その覚醒作用をうまく利用すれば、生活をスムーズにすることもできるんです。
最もおすすめしたいタイミングは、お昼寝前のカフェインです。

 

少し仮眠を取りたい…そんな時、15分30分昼寝をするということがありますよね。
でも眠いときの昼寝はそのまま寝すぎてしまい、夜寝れなくなってしまうことも…
そこでお昼寝前にカフェインを摂取してみてください。

 

カフェインの覚せい作用は飲んでから30分程度で現れ始めます。
そのため、お昼寝をする前に飲んでおくと、スッキリ起きやすくなるのです。
もちろん、夕方以降のお昼寝、カフェインは共に夜の睡眠に影響を及ぼしますから、14時くらいまでに起きるようにしてください!

 

カフェインをうまく活用して、正しい睡眠リズムを手に入れ不眠症を解消しよう!

 

カフェインが不眠症の原因に?脱カフェイン生活で睡眠障害を解消!

 

いかがでしたか?

 

カフェインは睡眠に大きくかかわっていることがわかりましたでしょうか?
死の危険は低いですが、カフェインには中毒性もあります。
不眠症に悩んでいるという方は一度カフェインとの付き合い方を見直してみても良いかもしれません。

 

といっても、カフェインが不眠の原因とも限りません。
コーヒーが大好きで、コーヒーこそがリラックス効果になる!という方もいるのではないでしょうか?
ストレスのたまる仕事中はコーヒーがお供…という人もいるでしょう。

 

脱カフェインするもよし、お昼寝前の1杯に飲むのもよし、カフェインをうまく活用して、不眠症を解消しましょう!

 

 

>>おすすめ休息(睡眠)サプリにもどる