不眠症の病院は何科?診察内容や薬は?不眠の症状別!病院・科目紹介

不眠症の病院は何科?診察内容や薬は?不眠の症状別!病院・科目紹介 | ぐっすり館

 

不眠症になったとき、病院は何科に行けばいいか悩んでしまいますよね。
ですが、意外にも不眠症の治療は特に決まった科目があるわけでもなく、様々な科で診察してもらえます。
ただし、症状によっては病院・科目をしっかり選んだ方がいい場合もありますので、是非ご自身の不眠の症状と照らし合わせて、病院選びの参考になさってください!

 

不眠症で病院に行った方がいい人はこんな人!

 

不眠症の病院は何科?診察内容や薬は?不眠の症状別!病院・科目紹介 | ぐっすり館

 

まずは不眠度をチェック!

 

  • 寝るまでに1時間以上かかってしまう
  • 寝てもすぐに目が覚めてしまい再度眠れない
  • 夜中に2回以上目が覚める
  • 起きる予定時間よりも1時間以上早く目が覚めてしまう
  • 寝ても疲れが取れない
  • しっかり睡眠時間をとっても寝た気がしない

 

当てはまる人は病院へ!

 

不眠症の病院は何科?診察内容や薬は?不眠の症状別!病院・科目紹介 | ぐっすり館

 

いかがでしたか?
上記の不眠度チェックで当てはまる症状がある場合には、病院で不眠症の治療受けることをおすすめいたします。
特に上記の様な不眠症の症状によって、

  • 昼間の集中力が欠けてしまう
  • 昼間眠くなってしまう

など、日常生活に支障がある場合はなるべく早く受診したほうがよいでしょう。

 

不眠症を診てくれる病院は何科?

 

不眠症の病院は何科?診察内容や薬は?不眠の症状別!病院・科目紹介 | ぐっすり館

 

風邪なら内科、肌トラブルなら皮膚科…と馴染みのある症状の場合はかかる病院もすぐにわかりますが、不眠症となると何科にかかったらよいのかわからないという方も多いですよね。
不眠症で病院を受診する場合は、何科を受診すればよいのでしょうか?

 

内科

風邪などでも受診する内科でも、不眠症をみてくれます。
ただし、不眠症治療の看板をだしている内科を除き、基本的に内科の病院は不眠症に詳しくはありません。
そのため、処方される薬の内容や量なども一般的な処方となります。
かかりつけの内科がある方もいらっしゃるでしょうし、比較的数も多いので受診しやすいですが、あまりおすすめはできません。

 

精神科・心療内科

睡眠時無呼吸症候群やいびきが原因の不眠症以外の場合は、ストレスなどが不眠の原因になっている場合が多いので、精神科、心療内科での受信をおすすめします。
精神科、心療内科では不眠症の患者さんを多く診ていますので、治療、処方についても知識のある先生が多く安心です。

 

メンタルクリニック

精神科、心療内科とほとんど内容は同じです。
精神科、心療内科が近くにない場合は、メンタルクリニックを受診しましょう。

 

不眠症外来

睡眠時無呼吸症候群、いびきが原因による不眠症の場合は、不眠症外来を受診しましょう。
1泊入院をして寝ている間の酸素濃度を調べるなど、病状をしっかりと把握することもできますし、不眠の専門医ですので、その後の治療も安心してお任せできます。
ただし、睡眠時無呼吸症候群やいびきは自覚がない場合も多いです。
ご家族などが気がついてついてくれる場合もありますが、寝ている間の自分を知ることは難しいですよね。
寝た後の疲労回復を感じることが出来なかったり、昼間に強い眠気が襲うなどの症状があらわれている場合は、睡眠時無呼吸症候群やいびきが不眠症の原因になっていると思われますので、心当たりがある方は不眠症外来を受診しましょう。

 

不眠症の病院にかかる前に不眠の症状をまとめよう!

 

不眠症の病院は何科?診察内容や薬は?不眠の症状別!病院・科目紹介 | ぐっすり館

 

不眠症で病院にかかる前に、まずはご自身の不眠の症状をまとめておきましょう。
まとめておく内容はどのような項目があるか確認しましょう。

 

不眠の症状はいつからか

いつから不眠の症状が出ているのか、確認しておきましょう。
明確でなければ半年くらい前、1ヶ月くらい前、など大体の期間がわかれば大丈夫です。
その時期に仕事やプライベートで何か大きな変化があったかどうかも併せて確認しておくとよいでしょう。

 

どんなときに眠れないのか

どのような時に不眠の症状が現れるのかチェックしてみましょう。
すごく疲れている日、仕事が長引いた日、早く帰った日など、共通点が見つかる場合があります。
もちろん、どんな時でも関係なく不眠の症状が出る場合もありますので、その旨を確認しておきましょう。

 

どんな症状があるか

不眠症には様々な症状があります。
あなたはどんな不眠の症状がでていますか?

 

  • 中々寝付けない
  • 考え事をしてしまって眠れない
  • 寝てもすぐに目が覚めてしまう
  • 夜中に何度も目が覚める
  • 一度目が覚めるとまた眠れない
  • 目覚ましよりも早く目が覚めてしまう
  • 良く寝ても体の疲れが取れない
  • 朝スッキリしない
  • 睡眠時間は十分なのに昼間眠くなる

 

など、どんな不眠症の症状が出ているのか確認しておきましょう。

 

不眠の原因、きっかけ(思い当れば)

不眠症になったきっかけ、原因がわかれば不眠症の治療もスムーズになります。
引越しをした、転職した、友人とのトラブルがあった、家庭環境が変わったなど、原因と成りそうなものがあれば確認しておきましょう。
もちろん、不眠症の原因はマイナスなものばかりではありません。
結婚した、進学した、仕事で成功した、など、プラス面の事柄が原因になる場合もありますので、いつもと違う出来事があった場合も確認しておきましょう。

不眠によってどんな支障があるか

不眠の症状が起きることによって、日常生活に支障が出ている場合は、どんな支障が起きてしまっているのか確認しておきましょう。

  • 集中力が続かない
  • 日中に強い眠気が起きる
  • 疲れが取れず疲労がたまってしまっている
  • 気分が落ち込んでしまう

など、思いつく体や心の不調などを確認します。

 

不眠の症状を詳しくまとめてスムーズな診察に

 

診察の前に不眠症の症状を纏めておくことで、診断や治療もスムーズにすすみます。
わからないことを無理に書き出す必要はありません。
思いつくこと、気が付いたことを確認しておきましょう!

 

つらい不眠症は病院で治療!快適な夜を取り戻そう!

 

不眠症の病院は何科?診察内容や薬は?不眠の症状別!病院・科目紹介 | ぐっすり館

 

軽い不眠の症状が気が付けば日常生活に支障をきたすような重い不眠症に悪化する場合もあります。
「たかが眠れないだけ…」と考えず、つらいと思ったときは早めに医師の診察を受け、治療を開始しましょう。

 

睡眠は生活の基本です。
病院で適切な不眠症治療をして、快適な睡眠生活を取り戻しましょう!

 

 

>>病院に行く前におすすめの睡眠サプリはこちら!